FC2ブログ

公共放送とはなにかを問う

参議院選挙後、最初の週末。
与党が議席をなんとか維持、立憲民主が躍進といった報道とあわせて、
二つの小さな政党が世間をにぎわせた選挙でした。

なかでも、NHKから国民を守る党。通称「N国党」が議席を確保したというのは、
わたしも意外でした。

とはいえ、これも世論のひとつの答えなのでしょう。
「NHKをぶっ壊す」という、わかりやすいキャッチフレーズと、
NHKのスクランブル化という、たった一つの公約が、
受信料に疑問を持っていた人たちにフィットして、
得票につながったのだと思います。

この党が、今度どのように公約を実現していくのかはわかりませんが、
公共放送というものについて、考えるきっかけを与えてくれたのは事実だと思います。

(追記)
個人的には、政府と一定の距離をとる姿勢をとっていたNHKは、
政権のプロパガンダにはならないぞという気概もあって、
それなりに公共放送としての役割を担っていたとは思いますが、
現在は、そのような気概あるスタッフが、どんどん虐げられているようで、
これなら、国営放送+スクランブルでもいいのかな、という気にもさせられます。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ