FC2ブログ

「言論の自由」の問題か?

最近、北方領土について「戦争でとりかえすしかないんじゃないですか」
という発言を追求されている国会議員がおります。

彼いわく、「言論の自由」が保障されているとのことで
議員辞職はせず、誤解を解いていきたいとの主旨で、
今後も議員活動を続けるとのことを、
5月16日現在ではしております。

ただ、この問題、「言論の自由」の問題としてとりあげると、
ちょっと違う方向にいっちゃうんじゃない?という気がしています。

もちろん、発言は自由。ですが、発言には責任もともないます。
どういう反応が出て、それに対して、どう対応するか、
と言う点では、いまのところ、ルール上はのっとっているのかもしれません。

問題は、信仰、思想、信条の部分だと思います。
彼は、おそらく力こそ正義だと思っているのかな。
けっきょくは、力によって奪い、力によって防御するしかないっしょ!
というベースラインがある。
話し合うということに、あまり意味を感じていないのかもしれません。
そこは、わからないけど。
でも、おそらく彼の信ずるところにしたがって発言下のだと思います。

しかし、力を行使する、戦争をするとは、どういうことか、どうなるのか。
そこをリアルにイメージすることができないのかな、とも思います。

戦争になれば、人が簡単に死んでいき、それがあたりまえになる。
そして、犠牲になるのは、他ならぬ国民なのです。

国会議員とは、国民のことを第一に考えるべきであると私は思います。
もちろん、領土のことも重要ですが、国民の犠牲を軽視し、安易に戦争などと言う言葉を使ったとしたならば、
国政を担うものとしての想像力が欠けていると言われてもしかたありません。

今後、どうなるのかもまだわかりませんが、
日本という国が、ただしく導かれていくことができるようにと
日々、祈らざるを得ません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ