FC2ブログ

2012年24冊目 「大往生したけりゃ医療とかかわるな」

大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)
(2012/01/28)
中村 仁一

商品詳細を見る


日本人は、死と向き合うのが苦手。
著者はそう主張し、自分もそう思う。

でも、結果的に今の日本は、
望むと望まざるとに関わらず、
延命を選択してしまう本人、家族、医療者が
いるのが現実だと思います。

最近、新聞やテレビでも、すぐに「胃瘻」
(口から食べるのが困難になった状況で
胃に直接栄養を流し込む方法)を選択することが
多くなった現状に対して、問題提起をするようになってきました。

「死」を先延ばしにすることだけで安らぎを得ようとする
安易な考えが、このような現状を多く起こしてしまっているのでは?
と思わされます。


もっと、正面から自分の死を見つめる。ということについて
多くの人が学んでいく必要があるのではないか。

医療従事者であり、牧師である自分としては、
自分のなすべきことを示されたように思わせられる本でした。
プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ