FC2ブログ

水槽という小さな地球

水槽をいじり始めて、何年くらいたつんだろう。。。

30センチの小さな水槽にメダカを飼い始めて以来、
徐々に水槽が大きくなって、気がつけば60センチ水槽になってしまった。


そのむかし、子どものころ金魚を飼っていたので、なんとなく水槽の原理はわかっていたような気がしたのですが、
改めて自分で管理してみると、水槽って小さな地球を再現しているんだなあ~と感じます。

水槽管理してる人なら、すぐわかると思いますが、水槽には濾過器が必要です。
子どものころは、これはゴミを取るのが仕事だと思っていましたが、改めて知ったことは
もっと大きな役割。濾過器の微生物によって有害物質を分解するという役割があることを知ったのです。

なるほど、水槽という小さな世界に、地球の循環を再現させることが、
水槽管理の基本だったんだ~ということなんですな。

信仰も、濾過循環させないと、必ずよどんでしまいます。
水槽をながめながら、自分の信仰もまた、いつも正しく循環して、
清らかな流れを作り出せているだろうかと黙想してしまいました。

水槽の掃除をしてみた

ここのところ、水槽の手入れをサボっていたので、
久しぶりに水草のトリミングをしてみました。
コケコケに苔がついていた水草の葉っぱは除去して、
ある程度の整理ができました。

ちょっと手間をおこたると、すぐにコケが出てくるので、
何気に水槽の管理というのは、マメさが要求されるのです。

まあ、私の場合、ぜんぜんマメではないので、
しょっちゅう苔むしてしてまうんですけどね。

エビ水槽

うちにある二つめの水槽。
ビーシュリンプの水槽です。



稚エビちゃんが、たくさんいます。
まだ卵を抱えている母エビもいるので、
もっと増えるのではないでしょうか。

レイアウトとしては、
超サボっていて、
流木にウィローモスをくくりつけたものひとつだけしか入れていません。

もっとも、そのモスがモジャモジャになるほど繁殖していますが。。。

ちなみに、今日のハンコ。

かわいいです。

60cm熱帯魚水槽

今日は、我が家の水槽をご紹介。

といっても、うちには60cm熱帯魚水槽と、
30cmキューブのビーシュリンプ水槽があります。


こちらは、60cm水槽。
メインはネオンテトラとラスボラエスペイ。
底物でコリドラスがおります。
水草は、最初はさみしい感じだったんですが、
ウォーターウィステリアを入れたら、
それがどんどん大きくなってしまいました。
水草が魚を圧迫するような水槽へと、
ただいま変貌中です。
プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ