FC2ブログ

8月にはいりました。

教会暦上は、特に大きなイベントはありませんが、
世の中が夏休みになるということもあり、
各教会や団体レベルでのキャンプなどは、
夏が最盛期だと思われます。

うちの教会では、教会としてはキャンプなどはないのですが、
子どもが他の団体のキャンプに参加してきて、
楽しい思い出になったようです。


さて。今年の夏は、梅雨も長かったですが、
梅雨明け後の暑さも尋常ではありません。
教会は空調で涼しくしていますが、
教会にたどり着くまでの灼熱に、
みなさん体調を崩してしまわないよう、
お祈りしています。

英会話教室は、英検対策集中講座が無事終了。
お盆休み週をのぞいて、クラスは8月も通常通り行なっています。

暑い夏ですが、熱中症にはお気をつけください。

何かしなければ、何もかわらない。

参議院議員選挙が公示されて、選挙戦が始まりました。
わたしの周りでは、相変わらず選挙行かないという人が
それなりの数います。
もしかすると、平均投票率より高くなるんじゃないかな?
というくらいです。

大体、そういう人は「誰がやっても変わらない」という理由。
そのわりに、いまの政策や、収入などには不満が多い。
正直、不満に思ってても、それを表現しなければ、
何も変わりませんよ~。

政治の問題だけではありません。
自分の生き方にも、そういえる部分は多分にある。

聖書は、基本的に「あなたが何をすることが、神の計画なのか」
という問いかけを、絶えずわたしたちに問い続けてくる書物だと思います。

わたしたちは、どう生きるべきか。世の中に対して、何をすべきか。

自分のことだけで精一杯と思い込んでいる、その少しさきを
聖書はわたしたちに指し示してくれるのです。

聖書の中に「あなたのみことばは、わたしの道のともしび」と言う言葉があります。
ちょっと先すら見えない。そのちょっと先を照らしてくれると、
精一杯だと思っていた世界が、ちょっと違って見えてくるのではないでしょうか。
何かが変わるきっかけになるのではないでしょうか。
何をすべきか。その道が見えてくるようになるのではないでしょうか。

スカッとする演説の危険性

最近、某女性国会議員の野党に対する「恥を知れ!」という演説がありました。
とある女性が、男性議員たちを前に、このようなはっきりした物言いをしたことに対し、
「スカッとした!」そうです。

いやいや、あの演説の内容は、けっこうやばいと思うよというと、
「内容は知らないけど」だって。。。おい。。

ですが、ここに民主主義の危険な部分が垣間見えた気がしました。
つまりは、内容はともかく、スカッとしたと感じる演説ができれば、
少なくとも一定数の支持は得られると言うことです。
そして、それはときにムーブメントといえる動きにまでなっていく可能性を
秘めていることでもあるのです。

そういえば、小泉純一郎氏、石原慎太郎氏、橋下徹氏なども、
スカッとさせる演説と言う意味では上手だった。
郵政民営化などは、国民にとってはいいことなんてないし、
むしろ後のサービス低下につながっていくようなことだったわけだが、
小泉さんの、深くはないがスカッとする演説で、
多くの国民が郵政民営化賛成に傾き、当時の自民党に票を投じたのは
記憶にある方も多いだろう。

スカッとする演説の名手といえば、やはりアドルフ・ヒトラーは避けて通れない。
当時の経済的に疲弊したドイツという時代背景はあるものの、
あれだけ民族主義的、反ユダヤ主義的なイデオロギーで
国民を纏め上げていく手腕は、恐ろしいものであるし、
事実、恐ろしい結果を招くことになった。

深く考えることをしない人々による民主主義は、
「感情」という爆弾を抱えて突き進む特攻兵のようなものなのではなかろうか。

いまいちど、「スカッとする」のではなく、
その人が何を言おうとしているのか、その結果どうなる可能性があるのか。
そのことを分析する力を、一人ひとりがもっていくことが大切なのだと思う。

SNSについて考える

今の時代。
個人の意見や感想はSNSの普及で
簡単に公に発言できるようになりました。

教会も、来なければわからない場所というイメージがから脱却する為に、
SNSなどを活用して発信していけたらと思っています。

とはいえ、SNSの普及が良い面ばかりとはいえないとも感じます。

クリスチャンや牧師でも、SNSをやっている人は少なくないのですが、
特にツイッターなどのように匿名性をある程度担保してくれるものなどは、
愚痴ってばかりの牧師、意見の合わない人を攻撃ばかりしている牧師なども散見されます。

まあ、牧師も人ですから、愚痴りたくなるときはあるでしょう。
私だって、気分が滅入る、気持ちが乗らないなどの時も
正直あります。

しかし、それと同時にSNSは公の場であり、
全ての人が見る可能性がある場だという意識も
必要だと思っています。

ですから、SNSに投稿した文字情報を見た人が、
どう思うか、何を感じるかということを、
絶えず意識しながら文章を書いているつもりです。

人のことを辛辣な言葉で攻め立てておいて、
「キリストの愛」なんて言ったって、
普通に考えたら説得力ありませんもんね。

なので、人の振り見て、我がふり直せ。
自身のSNSでの振る舞いは、今後も気をつけていきたいと思います。

明日は父の日の礼拝です。

6月第三日曜日は父の日。
礼拝でも、父の日を祝う予定です。
母の日に比べると、影がうすい印象がありますが、ここは男女平等。
父の日も、ちゃんと祝いましょう!
何があるのかは、明日のお楽しみ~
プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ