FC2ブログ

なんでも話せる教会になるために

教会が、本当の意味で「なんでも話せる教会」になることは、
これからの教会にとって、とても必要なことだと実感しています。

今まで、何も言えず、教会によって傷ついたままの人の声が、
SNSの普及によって、徐々に聞こえるようになってきました。
これは、私個人としては、これからは教会も変わっていかなければならない、
そのためのチャレンジであると思うのです。

あるべき論では語りません。
ちょっとした疑問。小さな不満。
なんでも、言って欲しいと思います。
それでも嫌なら、その時は無理して来なさいとも言いません。

私自身も、そのような思いを心がけて続けていこうと思います。
ですから、もし教会に行って見たいと思ったら、
とりあえず気軽に来て見てください。

聖書講座その2「マタイによる福音書」

前回のマルコ福音書から、しばらく間があいてしまいました。
今日は、マタイ福音書について、少し書きたいと思います。

マタイによる福音書は、マルコ福音書よりもボリュームがあります。
そして、それは「イエスの教え」が多く含まれているからです。

マルコによる福音書で、大体イエス様がなにを行なったかをつかんだところで、
マタイ福音書では、イエス様が何を教えたかについて学んでいくのが良いでしょう。

前回も書いたのですが、教えの部分は難解なもの、
何が言いたいのかわかりづらいものも、多々含まれています。

そういったところは、立ち止まらずに、とりあえず読み飛ばすのが正解です。
わからないところは、あとで考えるなり、ググッテみるなりしてください。
私のブログに質問してくれても大丈夫です。

マタイによる福音書は、冒頭がイエス・キリストにつながる家系の羅列から始まります。
このことから、家系を大事にするユダヤ人を意識して書かれたことが想像できます。

民族や家系を大事にするユダヤ人。旧約の教えを大切にするユダヤ人。
そのユダヤ人を意識して書かれていることを考えながら、マタイ福音書を読んでみると、
マルコ福音書とは似て非なるニュアンスを感じることができるのではないでしょうか。

英検対策集中講座、開講決定!

前回の記事で、英検対策合宿をやる予定と書きましたが、
「合宿」というのは泊り込みでやるということだそうで、
さすがに泊まりではやれないので、名称変更します。

題して、「英検対策集中講座」
7月29日の午後1時~6時
8月2日の午後1時~6時
この二日間の午後を、集中して行なう予定になってます。

夏休みの時間を、有意義に使いたい学生諸君!
ぜひ参加してみては!?

多分、やります。夏の英検合宿。

あと3週間弱で夏休みに入ります。
当教会では、教会自体のイベントというのは、
夏休み中にはあまり組むことがありません。
キャンプとかも、あまりやらないので。

ですが。。。

今年は英語クラス向けに英検合宿を行ないます!
いや、多分行なうと思います。

8月上旬で日程を調整中。
もしできたら、楽しい日程になりそう。


本当は、聖書塾なんてのもやりたいですね。
別にクリスチャンでなくても、
聖書はすべての人の力になるはず。
内容や翻訳が難しいけど、
読み方、意味のアドバイスを受ければ、
誰でも読み解けますから。
こちらも、時が満ちたらやってみたいですね。
乞うご期待。

何かしなければ、何もかわらない。

参議院議員選挙が公示されて、選挙戦が始まりました。
わたしの周りでは、相変わらず選挙行かないという人が
それなりの数います。
もしかすると、平均投票率より高くなるんじゃないかな?
というくらいです。

大体、そういう人は「誰がやっても変わらない」という理由。
そのわりに、いまの政策や、収入などには不満が多い。
正直、不満に思ってても、それを表現しなければ、
何も変わりませんよ~。

政治の問題だけではありません。
自分の生き方にも、そういえる部分は多分にある。

聖書は、基本的に「あなたが何をすることが、神の計画なのか」
という問いかけを、絶えずわたしたちに問い続けてくる書物だと思います。

わたしたちは、どう生きるべきか。世の中に対して、何をすべきか。

自分のことだけで精一杯と思い込んでいる、その少しさきを
聖書はわたしたちに指し示してくれるのです。

聖書の中に「あなたのみことばは、わたしの道のともしび」と言う言葉があります。
ちょっと先すら見えない。そのちょっと先を照らしてくれると、
精一杯だと思っていた世界が、ちょっと違って見えてくるのではないでしょうか。
何かが変わるきっかけになるのではないでしょうか。
何をすべきか。その道が見えてくるようになるのではないでしょうか。
プロフィール

菊池 亘

Author:菊池 亘
宇都宮グローリーチャーチ
   牧師

最新記事
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ